4月の催事春の催事

イースター(復活祭)とは?いつ?何をする日?イースターエッグや飾りについて

「クリスマス」や「ハロウィン」と比較して、まだ知名度の低いイベントですが、ここ数年、日本でも注目されている「イースター」。今回は、そもそもイースターとは?いつ?何をするの?という疑問についてお答えします。

イースターと子ども

イースターとは?

イースター(Easter)とはイエス・キリストの復活記念日です。

ユダの裏切りで十字架にかけられ、処刑されたイエス・キリストは死んでしまいますが「3日後に復活する」との予言を残し、3日後の日曜日に予言通り復活したと言われています。
その奇跡の復活を記念した祝祭として、イースター(復活祭)が誕生しました。キリスト教を信仰する人々にとっては重要な祝祭で、クリスマス以上に重要なイベントとなっています。

イースターはいつ?

イースターの日付は春分の日の後の最初の満月の次の日曜日とされていて、毎年日付が変わります。
日付は、グレゴリオ暦とユリウス暦で異なりますが、日本ではグレゴリオ暦を用いています。
どちらもお祭りとしてお祝いして問題ないそうで、当日だけではなく、その日の40日前から50日後までの90日間が、イースターのお祝いをする期間に該当します。

2022年のイースターは、4月17日(日曜日)(グレゴリオ暦)です。

2022年以降の「イースター日程表」

2022年 4月17日(日曜日) 2023年 4月 9日(日曜日)
2024年 3月31日(日曜日) 2025年 4月20日(日曜日)

「春分の日」の後の、最初の「満月」の、次の「日曜日」

イースターは何をする?

クリスマスのように、家族でご馳走を食べるなどして過ごしたり、イースターエッグと言って、卵にカラフルな色付けをしたり、装飾をしたものを飾り付けます。
卵(エッグ)は、キリスト教において生命誕生の象徴で、キリスト復活祭である、イースターのシンボルになっています。また、イースターでは、室内や庭に隠された、イースターエッグを探す「エッグハント」や、イースターエッグをスプーンに乗せて競争をする「エッグレース」、卵を転がす「エッグロール」などのゲームで遊びます。
イースターエッグにちなんで、春の食材を使った、キッシュなどの卵料理を楽しむ方も増えています。
お子様とエッグタルトを作って楽しむのも良いかもしれませんね。

イースター

イースターエッグとイースターバニーとは?

たまごとうさぎは、どちらも古くから豊穣のシンボルとされていますが、イースターを祝う為に特別に飾り付けられたゆでたまごをイースターエッグと言い、死の殻をやぶって蘇ったイエス・キリストになぞらえて、生命の始まりを象徴しています。イースターエッグを隠して探す「エッグハント」というゲームをしていた子供が、たまごが隠された草むらから野うさぎが現れたのを見て、「イースターエッグを運ぶイースターバニー」という定説ができたそうです。

イースターの飾り付け

イースターエッグやイースターバニーの装飾でお店を飾ったり、たまごやたまごを模したお菓子などでクラフトやゲームをして楽しむイベントが開催されたり、年々盛り上がりを見せています。
彩られたイースターエッグは、イースターの飾り付けに多様されますが、「ウサギ(イースターバニー)」もイースターの飾りやシンボルとなっています。
たくさんの子供を産むウサギは、子孫繁栄の象徴で、飾り付けや置物としてウサギがモチーフの装飾も、イースターの飾り付けとして使われています。

イースター

ちなみに、イースター島は、1722年のイースターの日に発見されたことから、イースター島と名前がつけられたそうです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。